CSR活動のキホンについて説明

CSR活動(企業の社会的責任)や社会貢献活動について調べているブログです。
まずは、CSR活動の基本について掘り下げていきます!

そもそもCSRって何?

「CSR活動」という言葉は聞いたことがあるけど、正直意味がよくわからない…という人もいるのではないでしょうか。

そもそも、このCSRとは「corporate social responsibility(企業の社会的責任)」の略です。企業が会社の利益だけを追求するのではなく、企業が社会へ与える影響について責任を果たし、社会と共に発展していくための活動のことをいいます。ステークホルダー(消費者、投資家など)や、社会全体から求められることに対して、適切な意思決定をするということです。

企業と、そこに関わるステークホルダーの存在があって企業活動は成り立ちます。企業がステークホルダーと連携することで企業の価値を高めるための活動を、CSR活動といいます。

ですが、CSR活動が必ずしも企業の利益につながるわけではありません。

いつから始まった考え方?何のためにやるもの?

日本ではいつ頃からCSR活動が始まったのでしょうか?

CSRの基礎となったのは、環境を中心としたCSR活動が進み始めた1990年代だそうです。まだバブルの雰囲気があるなかで、なぜ環境活動に取り組まなければわからないまま、とりあえずやろうという意気込みで大手企業を中心に広がっていきました。

2000年代になると、大型企業の不祥事により、法令順守の強化とCSRの欧米化が進みます。このころにできたイニシアティブやガイドラインの基礎は、現在も続いています。国内外で行われたさまざまなCSR活動に呼応した大手企業を中心に、CSR推進の流れがここから一気に進んでいきました。環境報告書の発行数が急増したのもこの頃です。

2010年代に突入すると、CSRが激動します。法令策定やガイドライン化が世界的に進み、CSRの国際ガイドラインが初めて策定されました。2010年、ついに世界共通のものさしができたのです。

そして翌年、CSR・社会貢献シーンに大きな変化が起こります。これまでCSR活動の中心は「法令順守」「環境」「社会貢献」でしたが、東日本大震災が発生し、復興支援からのソーシャルビジネスなどが加わったのです。CSR活動の幅が多様に広がりました。

では、企業にとって必ずしも利益があるわけではないのに、CSR活動を行う理由はなぜでしょうか?

一番に考えられるメリットとしては、企業評価の向上が挙げられます。たとえば、ボランティアを行えば、ボランティア活動を行う企業として認識され、事業とは違うところで評価されることになるのです。また、企業内でイノベーションが生まれたり、ブランドイメージが構築されることで、自社のサービスやブランド価値が高まり、長期的に見ると最終的には企業の利益になります。

企業は具体的にどんなことをやっている?

では、企業は実際にどのようなCSR加藤度を行っているかについて見ていきたいと思います。

例えば、空調製品を手掛けるグローバル企業のダイキン工業では、インドネシアにて森林再生プロジェクトを行っています。水の供給源として必要なエリアで森林を再生し、地元住人には苗床の維持管理公園内のガイド養成教育を行っているそうです。また、環境教育プログラムを開発し、小学校高学年に教材の提供を行っているといいます。

カメラでお馴染みのキヤノンでは、トナーカートリッジの回収とリサイクル活動を行っているとのこと。回収したカートリッジの量をホームページで公開し、一人一人のリサイクル活動がどれだけ環境のためになっているかをわかりやすく知らせています。

こちらのサイトでもCSR活動について紹介されているので、参考にしてみてください!

マナテックジャパンのCSR・社会貢献活動

CSR活動のキホンについて理解していただけたでしょうか?企業は、自社のサービスと全く関係のない活動を行うのではなく、どこかしら本業とリンクさせることでうまくいくのかもしれません。

電機メーカー業界のCSR活動事例

各企業がどのようなCSR活動に取り組んでいるのか、詳しく紹介したいと思います。今回ご紹介するのは、電機メーカーの大手3社です。大企業にもなると、やはりCSR活動の幅も広がります。様々なことに取り組んでいるようなので、早速見ていきましょう!

各企業のCSR活動紹介 (1)東芝の場合

家電製品でお馴染みの東芝は、かなり積極的にCSR活動に取り組んでいる企業のひとつです。
科学技術教育、自然環境保護、社会福祉、国際親善、スポーツ・文化振興、災害復興支援と様々なジャンルにて活動を行っています。東芝独自の活動といえば、「東芝グループ社会貢献一斉アクション」というものがあります。12月5日は「国際ボランティアデー」として国連に定められていますが、この日の前後に当活動が実施されています。東芝グループの全員が参加し、個々の力だけでは達成することのできない大きな社会貢献を果たすために2014年度より行われているのです。

各企業のCSR活動紹介 (2)日立製作所の場合

日立が続けているCSR活動は、組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、お客様のために(消費者課題)、コミュニティへの参画・発展と、大きく7つに分けることができます。今回は、環境活動について注目してみてみましょう。

国内最大の電機メーカーで働いているのは、日本人だけではありません。日立では、企業を支えている大切な従業員の個性と多様性を生かし、働きがいのあるグローバルな職場を目指しているといいます。それぞれが持つ能力を最大限に生かせるよう、多様な人材が活躍できる環境の整備、女性のキャリア形成サポート、障がい者雇用など、継続して取り組んでいるようです。また、2017年度からは“健康経営”というテーマで新しい取り組みを始めています。

各企業のCSR活動紹介 (3)パナソニックの場合

白物家電を得意とし、国内電機業界で3位のパナソニックは、環境課題解決のための取り組みと、商品・サービス、従業員、責任ある事業活動、地域社会と社会への取り組みを行っています。環境面では、「パナソニック環境ビジョン2050」というものを掲げて活動を行っているようです。これは、〝よりより暮らし”と‟持続可能な地球環境”を両立するため、使うエネルギーの削減と、それを超えるエネルギーの創出・活用を行う活動だといいます。

より快適な暮らしを送るため、クリーンなエネルギーに着目したパナソニック。2050年に向け、“創るエネルギー”が“使うエネルギー”を上回ることにチャレンジしています。
電気メーカーとひとくくりにしても、取り組んでいるCSR活動はさまざまだということがわかりました。企業独自の活動に取り組んでいるのが、やはり大手の特徴でしょうか。社会にも環境にも、積極的に貢献しようとしている姿勢がうかがえます。

自動車業界のCSR活動事例

今回注目したのは自動車業界です。大手3社のCSR活動を見ていきたいと思います。ほかの業界との違いは何か見えてくるのでしょうか?

各企業のCSR活動紹介 (1)日産自動車の場合

日産自動車は、環境理念に“人とクルマと自然の共生”を掲げ、社会的要求かつ長期視点に基づき環境課題の解決に貢献しています。クルマが普及すると気になってくるのが環境問題です。多くの人がモビリティによる利便性や運転することの楽しさを知っていく一方で、交通事故や温室効果ガスの排出量など、今すぐ解決すべき課題が出ているのも事実です。

世界をリードする自動車メーカーの日産は、新車走行中のCO2排出量ゼロを目指しています。その名も「ゼロ・エミッション」。また、日産車が関わる交通事故の死亡者数を実質0にする「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けて活動しています。

各企業のCSR活動紹介 (2)トヨタ自動車の場合

創業以来、革新的かつ高品質な製品・サービスを提供し時代をリードしてきたトヨタは、社会の持続可能な発展に貢献すべく取り組んでいます。‟クルマ作りを通じて社会に貢献する”を理念に、環境・交通安全・人材育成の3つを重点において活動しているようです。グローバルな方面にも力を入れており、各国や各地域の社会ニーズに応じて、社会・文化、国際交流・スポーツなどの分野でも積極的に活動しているといいます。

各企業のCSR活動紹介 (3)ホンダの場合

世界中にファンがいるホンダでは、環境・安全・社会活動の3つのジャンルでCSR活動を行っています。社会活動に注目してみると、ホンダならではの「Hondaビーチクリーン活動」というものを行っていることがわかりました。これは、ホンダが独自に開発したビーチクリーナーを使い、地域の方と共に砂浜を清掃する活動です。独自の技術を使って世の中の役に立ちたいという、モノづくりへの想いからこの活動が生まれました。素足で歩ける砂浜を次世代に受け継ぐために実施されています。この活動が始まったのは2006年。これまでに全国100か所以上で行われており、年間5000人を超える地域の方々と一緒に活動を行っているそうです。

3社のCSR活動をピックアップし、自動車メーカーならではの取り組みを行っていることがわかりました。クルマ作りを通じて社会に貢献したいという思いは、どの企業も同じようです。自社の技術を使った機械を開発し、社会貢献活動に励んでいるホンダはさすがですね!

電気通信業界のCSR活動事例

ただ環境改善や社会貢献に取り組むのではなく、企業ごとに特色を生かしたCSR活動に取り組んでいることがわかってきましたね!今回は電気通信業界について掘り下げていきたいと思います。

各企業のCSR活動紹介 (1)KDDIの場合

まずはKDDIです。安心・安全にスマートフォンや携帯を使ってもらいたいという思いから、「KDDIの情報モラル講座」を開講しています。

「スマホ・ケータイ安全教室」は、青少年向け講座とシニア向け講座に分けて行われています。青少年向け講座では、携帯を利用する際のマナー・ルールや、知っておいてほしいスマホ・ケータイ・インターネットに関わるトラブルが子供たちに紹介されています。水から子どもたちが判断してリスク回避できる能力をつけるための講座です。学校などで開催されています。
70歳以下が対象のシニア向け講座では、auのスマホ・タブレットを使って実際に触れながら、基本的な操作や安全に使うための方法などを学んでいきます。
「スマホ de 防災リテラシー」では、情報通信を災害時にライフラインとして活用するための授業を、高校生を対象に行っています。

各企業のCSR活動紹介 (2)NTTドコモの場合

NTTドコモでは様々なCSR活動を行っていますが、その中から事業を通じた環境への取り組みについてピックアップしたいと思います。

モバイルマルチメディアサービスを提供することで環境負荷の低減を行う他、省エネルギーの通信設備導入など、積極的に温暖化防止のための活動に取り組んでいます。
また、滋賀県にあるドコモショップでは、お客様に木のぬくもりを感じながら家族のふれあいを育んでもらえるように、店内のキッズコーナーにて「木育」を行っています。面積の半分が森林である滋賀県。滋賀県産ヒノキを使用して職人が作ったおもちゃが置かれていたり、子供が手で握れるヒノキ玉を入れた円形プールを設けたりなど、木と触れ合い、学び、生きる取り組みがされています。

各企業のCSR活動紹介 (3)NECの場合

最後にNECの活動を見てみましょう。
NECグループでは、これまでに積み重ねてきた実績と自社の強みを活かして、社会的課題の解決に向けた取り組みが行われています。高度な通信技術を活用し、社会ソリューション事業の分野で製品やソリューションを幅広く提供していくことで豊かに生きていける社会の実現に貢献しています。”
どの企業も積極的にCSR活動に取り組んでいることがよくわかりました。KDDIが開催している講座はいいですね!これからの時代、ますます必要になってくると思います。各企業がどのような活動を行っているか知ると面白いですね!

精密機器業界のCSR活動事例

CSR活動に積極的に取り組む精密機器会社を見ていきます。3社では、どんな活動が行われているのでしょうか?

各企業のCSR活動紹介 (1)富士フィルムの場合

富士フィルムは、CSR活動ランキングで1位に輝いたこともあるほど、意欲的に活動を行っている企業です。富士フィルムの原点である写真フィルムは、大量の清浄な水と空気がなければ製造できません。商品を買っていただくことは、信頼を買っていただくことだといいます。つまり、環境保全やステークホルダーからの信頼が大前提なのです。これがCSR活動の原点になっているのです。

現在では、複数のマネジメントシステムを活用することで継続的な業務改善や、法令順守に留まらない正しい行動をとるための取り組み、お客様満足の向上、環境保全、社会貢献、人材育成…など、幅広い分野で取り組んでいます。

各企業のCSR活動紹介 (2)リコーの場合

続いて、リコーのCSR活動を見てみましょう。

リコーも様々な活動に取り組んでいる企業です。CSRを社内外に展開しているため、そこに注目してみます。ブルーオーシャン戦略の基盤を根付かせるため、CSR活動に取り組むリコー。社内では、社員に啓発・浸透させるために集合教育を新入社員に実施しています。全体をレベルアップさせるため、eラーニングやCSR-Weekセルフチェックを取り入れたり、社内インフラネットで取り組みの報告や共有を行っています。

また、自分たちが取り組んだCSRをお客様に伝えるため、CSR報告書をもとに行う勉強会を全国で開催。こうすることで自社の取り組みを社員が知ることもできます。このような活動を行うことで、社外にも意識が広がっていくのです。

各企業のCSR活動紹介 (3)キヤノンの場合

キヤノンではグローバルなCSR活動に力を入れていますが、中でも気になったのが写真を使った社会貢献活動です。

米国のキヤノンでは、NPO「NCMEC」を支援しています。米国で行方不明になった子供たちを救出することを目的に、写真や情報の配布に使えるデジタルカメラ、プリンター、スキャナーなど2,500台以上をこれまでに警察に寄付しています。

また、ボランティアの写真家グループ「Pict4All」と、タイで開催されている「Canon Blind Project」という視聴障がい者(学生のみ)を対象とした写真教室を支援しています。写真を通て自己表現力を高める場の提供を目指しているのです。

アジア全域では、「CanonImage Bridge(影像の橋)プロジェクト」というイメージングの力を使って文化交流を促すプロジェクトを展開しています。撮影した写真に感想文を添えた交流カードをアジアの子供たちに作ってもらい、それを他の地域に住む子供たちに届けるというプロジェクトです。国を超えた友好関係づくりに繋がっています。

CSR活動に積極的に取り組んでいる大手3企業は、日本国内だけでなくグローバルな活動を行い社会貢献していることがわかりました。紹介しきれないほど様々な方面で活動を行っています。公式サイトのCSR活動が掲載されているページは見応えがあるので、気になった方は見てみてください。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !